外側からのケア

女性の薄毛対策に!ジョンマスターオーガニックのヘアブラシ

ジョンマスタ―オーガニック

ジョンマスタ―オーガニック3種類のヘアブラシ

商品 価格 成分 特徴
コンボパドルブラシ ジョンマスタ―オーガニック 3,400円+税 猪毛、イオン毛、竹 猪毛とトルマリンが配合された混合ブラシで、
広がる髪にまとまりとツヤを
ベントパドルブラシ ジョンマスタ―オーガニック 3,200円+税 イオン毛、竹 頭皮を心地よく刺激する
イオン毛採用のクッションブラシ
スキャルプブラシ ジョンマスタ―オーガニック 3,400円+税 余分な皮脂や汚れを取り除く頭皮用ブラシ

コンボパドルブラシ

特徴

マイナスイオンを放つトルマリン配合のイオン毛と、天然猪毛の混合でできたブラシ。

やさしくブラッシングするだけでキューティクルを傷つけることなく整え、寝起きのもつれやすい髪も解消します。

毛が太く、広がりの気になる髪質をなめらかでまとまりやすい髪に仕上げ、サラサラな輝くツヤを与えます。

竹製の持ちやすい太さとフィット感のハンドルで、効果的なスタイリングが可能に!

女性口コミ
女性口コミ
初めての購入です!
頭皮に優しくサラサラになり指通りもよく満足しています

使い方

 

  • 手に髪を適量持ちながら、頭皮を引っ張らないようにやさしくとかします。

 

注意すること

 

  1. 長時間水気のあるところに放置しないでください。またブラシが濡れた場合には風を当てて乾燥させること。
  2. 汚れが気になる場合には、中性洗剤を薄めた水で洗い、よくすすぐ。ブラシが傷む原因となりますので、長時間および極度に高い熱風・熱湯の使用、アルコール系溶剤を含む洗浄剤の使用は控えること。
  3. 毛が変質するおそれがありますので、整髪料などを直接ブラシにかけないこと。

 

ベントパドルブラシ

特徴

マイナスイオンを放つトルマリン配合のイオン毛が頭皮に心地よい刺激を与えるパドルブラシ。

頭皮マッサージにおすすめ!

竹製の持ちやすい太さとフィット感のハンドルで、効果的なスタイリングが可能に。

穴の開いた形状のため、ブラシがドライヤーの風を邪魔することなく、スタイリングとブローを簡単に実現することができ、リフトアップ、コリほぐしにも使えます。

女性口コミ
女性口コミ
普通にブラッシングしただけで血行がすぐによくなり、とても感激しました。頭皮マッサージのグッズを使うよりはるかに気持ちが良い!早速、知人らに勧めようと思います。

使い方

 

  • 根元から毛先まで、ドライヤーをあてながらとかします。
  • 頭皮マッサージには前頭部、両サイド、後頭部、それぞれを起点として、経絡に向かって流します。
  • クッションを活かし、頭皮にイオン毛の先で刺激を与えるようにタッピングします。

 

注意すること

 

  1. 長時間、水気のあるところに放置しないでください。またブラシが濡れた場合には風を当てて乾燥させること。
  2. 汚れが気になる場合は、中性洗剤を薄めた水で洗い、よくすすぐ。ブラシが傷む原因となるため、長時間及び極度に高い熱風・熱湯の使用、アルコール系溶剤を含む洗浄剤の使用は控えること。
  3. 毛が変質するおそれがあるため、整髪料などを直接ブラシにかけないこと。

 

スキャルプブラシ

特徴

頭皮に溜まった不要な角質や汚れを取り除くスキャルプブラシ。

シャンプー前にブラッシングすることでループ状のピンが汚れをムラなくしっかりとかき出します。頭皮の状態を整えることで、すこやかな美しい髪へと導きます。

女性口コミ
女性口コミ
頭皮にちょうど良い圧で痛くなく心地よいです。
シャンプー前に毎日使っています。

使い方

 

  • 頭皮全体をマッサージするようにブラッシングします。

 

注意すること

 

  1. ブラシについた髪やほこりはこまめに取り除き、ブラシを清潔に保つこと。
  2. 汚れが気になる場合には洗浄剤を薄めた水で洗いよくすすぎ、ブラシが傷む原因となるため、長時間水気のあるところに放置しないこと。
  3. ブラシが濡れた場合には風を当てて乾燥させること。
    長時間および極度に高い熱風・熱湯の使用、アルコール系溶剤を含む洗浄剤の使用は避けること。

 

参考:ジョンマスターオーガニックの公式オンラインストア

ヘアブラシの効果的な使い方


ブラッシングの正しいやり方

丁寧にブラッシングをすることで、抜け毛やホコリを落とすことができ、髪や頭皮が清潔に保たれます。

  1. まずは、毛先の絡みをとかすようにブラシを入れる
  2. 徐々に根元近くから毛先に通すようにブラシを入れる
  3. 最後に、根元から毛先にかけてブラシを入れる

余分なものを落としてからシャンプーをすれば、シャンプーの泡立ちも良いですし、洗浄効果も期待できますよね。

ブラッシングの間違ったやり方

頭皮のマッサージになるからと、はじめから頭皮にブラシをあてることはやめましょう

理由は3つです。

  1. 毛先まで行く途中で絡まる
  2. 無理に毛先まで通すことで、頭皮に不可がかかる
  3. 髪が切れたり、傷む原因になる

 

乾燥やパサつきが目立つ場合は、無理にブラシをあてないこと

乾燥によって、髪が絡まることが想定出来る場合、無理にブラッシングすることで髪が切れたり、傷むことに繋がります。

この場合は、ヘアオイルやヘアクリームを使って、髪の通りを良くしてあげましょう。

ブラッシングのタイミング

一番のおすすめは、シャンプーを行う前のタイミング。

日常の生活の中で付着したホコリなどの汚れを取ることで、シャンプーの洗浄効果もあがり、毛の絡まりを防ぐこともできます。

また、ブラッシングで頭皮に少し刺激を与えることで、血行が良くなり毛穴汚れも出てきやすくなります。

ヘアブラシで頭皮の環境を整えよう!

NYサロン発ヘアケアメソッドとして、ジョンマスタ―も推しているポイント。

それは頭皮をしっかり洗うこと。

毎日のシャンプーを何気なくするのではなく、正しい方法をマスターすることですこやかできれいな美髪が生まれます。

シャンプー前の”2ステップ”、ブラッシング予洗いをぜひ意識して実践しましょう!

ジョンマスタ―のヘアケア

 

 

ジョンマスターオーガニックの公式オンラインストア