薄毛に関するどうして

30代女性の薄毛、抜け毛の原因は朝シャン?

朝シャンとは?

「朝シャン」とは、資生堂のCM“朝のシャンプー”というフレーズが高校生の間で簡略化されたもの。

『朝にシャンプーをしましょう』という宣伝が、女子高校生を中心に広まったのを覚えていますか?

日本人の生活習慣にはなかった「朝シャン」は、当時、一時のブームという見方も多かったたのですが、男性も含めた“清潔指向”現象として社会的に浸透していくようになりました。

他人からの目線を非常に気にしすぎる日本人にとって、『朝シャン』が浸透することで「これまでずっと臭ってたかも・・・」「私いま臭ってる・・・?」など、急に不安に思い始める人も多かったはず。

最近では、男性用のデオドラントシャンプーも増えてきていますよね。

特に汗をかきやすい夏場はにおいに敏感になりやすいシーズン。

におい対策として、男女ともに『朝シャン』が習慣になっている人が増えています。

参考:ユーキャン流行語大賞

朝シャンの効果、メリットは?

朝からスッキリする

寝起きが悪い人にとって、朝すぐに活動にうつるまでのスイッチの切り替えは一苦労です。

特に低血圧の女性であればなおさらです。

朝シャンは頭皮に刺激を与えることになるため、副交感神経が優位な状態から交感神経が優位な状態に切り替わり、脳をスッキリとさせてくれます。

女性の中には仕事への切り替えをするために、出勤前に軽くシャワーを浴びる人も多いようです。

朝シャンのメリット

髪の良い香りが持続する

髪からふんわりいい香りが漂う女性って魅力的ですよね。

香水だと少し強すぎて抵抗がある人も多いですが、髪が風になびいたときにふんわり香る分にはむしろ憧れをもってしまいます。

シャンプーやコンディショナーを夜使っても、朝起きると香りがなくなっていると感じる人も多いのではないのでしょうか。

朝シャンをすることで、いい香りが髪に残り、出勤時も持続しているため、『毎日欠かさずシャワーを浴びます』という人は男性も女性も増えています。

最近では、『スメハラ(スメルハラスメント)』という言葉もあるため、男女関係なくにおいには非常に敏感。

香水まではいかないまでも、何かしらの対策をしたい人にとって髪や頭皮のにおい対策は最低限のエチケットとなっています。

髪の香り

頭皮の血行が良くなる

朝からシャワーを浴びることで血行促進にも繋がると言われています。

女性の中には冷え性で悩んでいる人も多いので、身体を温める意味でも効果的です。

薄毛の原因として”血行不良”が挙げられており、血液の巡りが悪くなることで髪に栄養が行き届かず、細く抜けやすい髪に変化していきます。

せっかく健康に良いものを食べていたり、育毛サプリメントを習慣で飲んでいても、肝心な栄養を運んでくれる血液の巡りが悪ければ、効果が発揮されません。

シャンプーの際に、頭皮をマッサージをしながら洗ってあげるとより血行促進に繋がります!

髪の寝癖がなくなる

寝癖を直すためにシャワーを浴びるという人も多いはず。

ヘアスプレーやくしで寝癖を直すより、一度シャワーしてしまった方が手っ取り早く済みます。

特に女性はその他にも化粧諸々の準備がありますから、寝癖に何分も掛けていられませんよね。

寝ぐせのある女性

寝起きの頭皮のベタつきがなくなる

頭皮は、寝ているときに皮脂が出てきます。

特に夏場は寝ている間に汗もかきやすいため、朝起きた際にベタつきが気になることもありませんか?

べたついたまま制服やスーツを着るのも抵抗ありますし、においも気になります。

朝シャンすることで、頭皮の皮脂や汗によるベタつきが洗い流せるため、気分もスッキリし毎日の習慣になっている人も多いようです。

朝シャンのデメリット

シャンプーのすすぎ残しの可能性

シャンプーのすすぎ残しというのは、シャンプー液が頭皮に残っている状態を言います。

この状態でいると、毛穴にシャンプー液が入ったままとなり、かゆみやかぶれ、最悪の場合髪が抜けていく原因にもなります。

特にロングヘア―の女性は要注意!

朝急いでいるため、きちんとシャンプーを洗い落とせていない可能性も十分考えられます。

髪を乾かし切れていない可能性

髪は根元からしっかり乾かすことで頭皮環境が改善することにも繋がりますが、乾かし方が十分でない場合、菌やダニの繁殖を促す恐れがあります。

汚れや湿気は、菌やダニにとっては最高の環境。

タオルが生乾きで臭い・・・という経験ありませんか?

これは、湿気の環境下で菌が繁殖していることを表しており、同じことが頭皮でも起こると考えられます。

髪に菌が繁殖するなんて、想像しただけでもゾッとしますよね。

においのあるタオル

頭皮の乾燥、過度な皮脂分泌を引き起こす可能性

皮脂はべたつきや臭いなどの原因になるため、邪魔な存在に感じられがちです。

しかし適度な皮脂は皮膚を保護する大事な役割を持っています。

頭皮をはじめ、全身の皮膚に棲んでいる常在菌として、善玉菌(表皮ブドウ球菌)、日和見菌(アクネ菌)、悪玉菌(黄色ブドウ球菌)があります。

皮膚常在菌の中の『善玉菌』が皮膚から作り出す脂肪酸が、キューティクルを覆う役目をしています。

そのため、適度な皮脂の分泌は、頭皮や髪を健やかに保つためには必要不可欠なのです。

皮脂を奪いすぎてしまうことが朝シャンのデメリットのひとつですが、奪われた皮脂を取り戻そうと頭皮が皮脂分泌の働きを高めるため、さらに頭皮の環境が悪化する可能性もでてきます。

また、皮脂が奪われたことでバリア機能が低下し、紫外線や大気汚染に対し、野ざらしの状態となっていることから、頭皮へダメ―ジが加わり、かゆみやフケなどの皮膚トラブルが発生するケースも考えられます。

紫外線

朝シャンが薄毛、抜け毛の原因に?

朝シャンで皮脂を取りすぎてしまう

シャンプーは1日1回が理想。

夜シャンプーをして朝もシャンプーをすると1日2回髪を洗うことになり、これでは頭皮の常在菌の減少を招くことになってしまうからです。

朝シャンをし、皮脂を奪った状態で、外に出るということは、バリア機能が整っていないデリケートな頭皮を紫外線にそのままさらすことになります。

これでは、頭皮へのダメージが進行し、皮膚トラブルを招くことで抜け毛や薄毛にも直結する問題に・・・

髪の土台となる頭皮が程度な皮脂によってカバーされていることで、健やかな髪が育つわけですから、土台をケアしなければ薄毛を対策することは出来ません。

朝シャンがメインとなり、夜髪を洗わない人は要注意

1日1回のシャンプーが理想なら、『朝だけ洗えばいっか』と思ったあなたは要注意。

1日を通して髪についたほこりや汚れ、皮脂、スタイリング剤をそのままの状態で放置しておくと、酸化し菌繁殖の温床に・・・

髪にとってのゴールデンタイムは22:00~2:00✨

この間に、毛穴が汚れた状態だと健康な髪を作ることができません。

夜は必ず髪を洗うようにしましょう!

薄毛、抜け毛を進行させない朝シャンのやり方

湯洗いをする

先ほど、夜にシャンプーをしないことが薄毛になる原因と記載しましたが、『朝シャンはどうしたらいいの?』と思った人も多いはず。

夜にしっかり汚れを落とし、朝は湯シャンだけで済ますようにしましょう。

洗浄成分の入ったシャンプーは使わず『お湯』のみで洗う方法です。

常在菌のバランスが崩れて善玉菌が減ってしまった頭皮におすすめです。

シャワーのお湯を当て、指のはらで頭皮をマッサージ洗いするだけで、汚れの8割は落とせます。

女性は朝シャンの理由のひとつに『香り』があります。

髪にいい香りをつけたい人は、湯シャンのあと毛先にコンディショナーをつけることで対策ができます。

30代女性
30代女性
私自身、朝は『湯シャン+コンディショナー』を徹底しており、実際に抜け毛がかなり減りました!

髪に刺激の少ないシャンプーを使う

シャンプーには、石油系、石鹸系、アミノ酸系などのシャンプーがあります。

石油系のシャンプー

安価で泡立ちがよく洗浄力も強いですが、頭皮には刺激が強いという特徴があります。

石鹸系のシャンプー

アルカリ性のため洗浄力が強くスッキリ感を感じやすいかと思いますが、やはり頭皮への刺激が心配です。

アミノ酸系シャンプー

頭髪と同じ成分のため、何か頭皮に傷やトラブルがあったり、敏感肌という人におすすめ。さらに、頭皮を守るのに必要な皮脂を適度に残してくれます。

特に女性は、皮脂の分泌が男性より少ないので、必要な皮脂を取り過ぎないアミノ酸系シャンプーがおすすめです!

ただ、いいシャンプーを使っていてもすすぎ残しがあっては本末転倒。

『すすぎには洗いの倍以上の時間をかけること』を心がけましょう。

ドライヤーでしっかり乾かす

朝シャンをした後、念入りにドライヤーで乾かすようにしましょう。

少なくともタオルドライは心がけるように。

髪と頭皮が濡れたままでいると雑菌の繁殖の温床になります。

ドライヤーの熱風の当てすぎも良くありませんが、だからと言って自然乾燥はもっと髪には良くないのです。

乾かしやすい毛先からドライヤーをあてがちですが、それでは根元が乾くまでに時間がかかります。

ドライヤーをあててる際は根元から乾かすことを心がけましょう。

紫外線対策を心がける

頭皮にダメージを与えないために、長時間の外出時には帽子をかぶったり、日傘を使用するなど紫外線から守ることを意識しましょう。

肌にはUVカットの化粧品を使っているのに、頭皮には何もケアをしていない女性がとても多くいます。

今は若くて問題ないかもしれませんが、10年後、20年後に差が出てくる可能性もあります。

日中だけでなく朝や曇りの日でも紫外線は降り注いでいますから気を付けたいですよね。

朝シャンはやり方次第で薄毛、抜け毛対策にもなる!

朝シャンは決してデメリットだけではありませんでしたよね。

正しいやり方で実施すれば、血行促進や頭皮ケアにも繋がり薄毛、抜け毛対策にもなります。

重要なのは、皮脂を作り出す頭皮の常在菌 (善玉菌)を奪いすぎないこと。

湯洗いや適切なシャンプーを選び、自分の髪と向き合いながら健やかな髪を作っていきましょう。

 

シャンプーする女性
30代薄毛女性におすすめ-アミノ酸系シャンプー8種類30代女性の頭皮ダメージ、薄毛の原因の1つとして、洗浄力の強いシャンプーが挙げられます。皮脂は頭皮を乾燥から守る役割があるため、適度な皮脂の分泌は、頭皮や髪を健やかに保つためには不可欠です。健やかな頭皮環境を作るためにも、頭皮や髪と同じ弱酸性のアミノ酸シャンプーを活用する必要があるのです。...