薄毛に関するどうして

つむじや頭頂部が薄い女性におすすめ!薄毛の原因と対策を紹介

女性のつむじが薄いのは脱毛症?

びまん性脱毛症

つむじはげの症状として病院でよく診断されるのが「びまん性脱毛症」。

生え際が薄くなってくる薄毛とは違い、髪全体が徐々に薄くなってくるのが特徴で、女性に最も多い薄毛の症状です。

髪全体が薄くなることで、頭の皮膚が薄く透けて見えるようになるため、見た目にも大きく影響してきます。

「びまん性脱毛症」には『FAGA(女性男性型脱毛症)』と『休止期脱毛症』の2種類があります。

FAGA(女性男性型脱毛症)

女性に起こる男性型の脱毛症のこと。

AGAでは生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなるため、見た目で症状に気がつきますが、FAGAは全体的に薄くなっていくため、薄毛が進行していることに気がつきにくいと言われています。

AGAの治療薬としてプロペシアが有名ですが、女性には”禁忌”です。女性が服用できない薬もあるため(身体に害を及ぼす可能性)、同じ薄毛治療薬だからといって安易に自己判断で服用しないようにしましょう。

休止期脱毛症

髪には『ヘアサイクル』があり、生えて抜けてを繰り返しています。

しかし、何らかの原因でヘアサイクルが乱れると休止期の毛髪の割合が大きくなり、抜け毛の量が多くなることがあります。この抜け毛の症状を、『休止期脱毛症』と呼びます。

ヘアサイクルの乱れ

女性の『つむじ』と『薄毛(ハゲ)』の違い

髪が薄くなってきたかも・・・と感じたころには、頭頂部はさらに深刻な状態になっているかもしれません。

実際に、30代~の女性が最も気になる薄毛の場所は『つむじ(頭頂部)』。

髪の悩みアンケート結果

参考: 女性用育毛剤【薬用ハリモア】

一度、頭頂部をスマートフォンのカメラで頭上から撮影してみましょう。普段見ている角度からは気が付かない場所が薄くなっていることもあります。

チェックするべき場所はココ!

つむじ周りの髪の状態

単に、普段からの分け目のクセがついている”つむじ割れ”であれば心配ありません。

問題なのは、つむじ周りの髪が細くてコシがなかったり、頭皮が透けて見えている場合です。

もし、頭皮にかゆみや痛み,腫れがあれば頭皮環境が悪化しており皮膚科への受診も考えなければなりません。

つむじ部分の地肌が見えやすくなっているけれども、髪があるから大丈夫だと油断する人も多くいますが、

実は地肌が透けているようであれば『薄毛』と判断されることがあります。

「頭頂部が薄くなってきた気がする・・・」

「髪のトップにボリュームが出ない、ペタンとしている」

「分け目の毛がまだらになっている」

これらを感じ始めたときが薄毛のサインです。

あなたが思っている以上に周りからは「頭頂部ハゲてる・・・」と思われているかもしれません。

定期的に頭頂部の毛の状態は確認しましょう。

女性のつむじが薄くなる原因は?

加齢によるホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンは「エストロゲン」「プロゲステロン」の2種類があり、特に「エストロゲン」は髪の毛の成長を促したり、成長期を持続させたりするのに欠かせないホルモンです。

しかし、このエストロゲンは、更年期(45歳あたり)以降分泌量が一気に減少します。

その一方で強く働き始めるのが男性ホルモン。

女性には一定量の男性ホルモンが存在しており、女性ホルモンの低下に相反して働き始めた結果、髪の毛が細くなったり、全体的にボリュームが小さくなったりするのです。

最近では、20代~30代の”若年性更年期障害”女性も増えていることから、単に年齢だけでは判断しにくくなってきています。

出産によるホルモンバランスの乱れ

出産によるホルモンバランスの乱れは、これまで薄毛を経験したことがない多くの女性に”抜け毛”という症状をもたらします。

妊娠中は子宮機能を高めるために「エストロゲン」の分泌量が増加することから、必然的に抜け毛が治まり、髪にツヤが出てきます。

安心するのもつかの間、出産後数カ月経つと「エストロゲン」の分泌量が通常に戻るため(つまり、分泌量が妊娠時よりも急激に低下する)、これまで抜けてこなかった髪の分も一気に抜けるようになります。

1年ほどで抜け毛は治まると言われていますが、出産後は育児に特に忙しく睡眠時間も十分取れないことから、ストレスでホルモンバランスの乱れがなかなか戻らないと悩む女性も多いようです。

出産によるホルモンバランスの乱れ

頭皮の血行不良

特にデスクワークで終日パソコンの前に座っている女性は要注意。姿勢が悪くなり、肩こりで悩んでいませんか?

肩こり=血行不良です。肩周りの血流が悪くなると頭皮にも十分な血液が循環しにくくなります。

髪の栄養は血液によって補われているため、血行不良になると髪の成長に必要な栄養素が行き届かなくなり、結果として抜け毛が進行する状態となります。

デスクワークで血行不良

ダイエットによる栄養不足

偏った食事や短期間での無理なダイエットをしていませんか?

体重ばかりに気を取られて、食事制限をしているとかえって見た目がみすぼらしくなってしまうかもしれません。

せっかく痩せるなら、髪や肌にハリツヤがある女性を目指しましょう。

過度なダイエットで「肉」「魚」「乳製品」を摂取しない状態が続くと、髪の成長に必要な『アミノ酸』『亜鉛』『ビタミン類』が不足し、髪はパサパサで抜けやすくボリュームがなくなり、肌もくすんだ状態に変化していきます・・・

睡眠不足

「成長ホルモン」って聞いたことありますか?

22時~2時の間に分泌されると言われており、『美のゴールデンタイム』なんて呼ばれたりしています。

実は、この「成長ホルモン」が髪の成長とも深くかかわっており、睡眠時間が少なかったり、深い睡眠が得られていないと「成長ホルモン」が充分に分泌されないため、栄養が髪に行き届かなくなるというのです。

ストレスからお酒を飲んで夜更かししてしまう・・・という人は要注意です。

刺激強いシャンプー

今使っているシャンプーが何系のシャンプーか理解していますか?

何系?なんのこと?と思った方、ぜひチェックしてください。

シャンプーには、「高級アルコール系」「アミノ系」「石鹸系」の3系統があり、違いは『洗浄成分』にあります。

「泡立ちが良く、泡を流した後スッキリして気持ちいい!」と思えるシャンプーも、実は髪にとっては悪影響というケースも・・・

頭皮には”皮脂”という脂が存在しており、これが頭皮のにおいやベタつきの原因となるため、誰もがゴシゴシ洗い落としたくなりますが、

実は、頭皮に棲んでいる常在菌(善玉菌)は、頭皮に潤いを与えたり髪のキューティクルをつくる役割も果たしています。

そのため、洗浄力が高いシャンプーでゴシゴシ洗うことで、必要な皮脂までも洗い落とすことになり、結果的に頭皮環境が悪化し抜け毛や薄毛が進行していきます。

女性の薄毛は重篤な病気が原因の場合もあるので注意!

女性が薄毛の原因として、甲状腺機能、膠原病、栄養・代謝障害、感染症などの疾病が隠れている場合もあります。

医療機関での受診をおすすめ

次に挙げる症状がみられる場合、医療機関への受診をおすすめします。

頭髪が急激に抜ける、簡単に抜ける、頭部全体から抜けるなどの場合
・・・何かほかの病気の影響が考えられます
脂漏性脱毛症でフケや脂、菌などによる頭皮の炎症が重い場合
・・・皮膚科の先生に相談しましょう
抗がん剤など薬剤の影響が疑われる場合
・・・医師(または薬剤を処方している医師)に相談しましょう
自ら髪を抜いてしまう抜毛症がある場合
・・・精神科の受診が適切なケースもあります

参考:第一三共公式サイト

女性の薄くなったつむじを隠す方法

薄くなったつむじを隠すために帽子をかぶったり、おしゃれウィッグを作ったり、多くの女性が工夫をしています。

いずれの場合もキレイに隠すことはできますが、特に梅雨の時期~夏場にかけては蒸れてししまうため、かえって不衛生な状態が続き頭皮に悪影響が・・・なんてことも考えられます。

そんな帽子やウィッグの蒸れの心配がいらなくなる方法があります。

”ヘアファンデーション”は聞いたことがありますか?

気になる薄毛箇所にポンポンたたいて目立たなくするファンデーション。気軽に簡単に、かつ比較的安く購入できるため、若い女性からも注目されています。

ヘアファンデーション

しかし、隠すのは一時的な対策。根本的に薄毛を改善させるために、つむじを隠しながら薄毛対策をはじめていきましょう。

 

薄毛に悩む女性
薄毛女性におすすめの簡単薄毛隠しパウダー(ヘアファンデーション)女性にとって髪は見た目年齢も左右する大事な場所。若い女性ほど、髪のボリュームが減ってきたり、分け目が目立ってきたりと見た目の変化に敏感です。薄毛隠しパウダー(ヘアファンデーション)で気になる薄毛箇所を隠してみませんか?育毛剤のように髪の毛を増やすことはありませんが、「今すぐ薄毛を隠したい!」ときにとても便利です。...

薄いつむじが改善する女性の薄毛対策

頭皮への刺激を抑える

シャンプーの見直し

「シャンプーの見直し」は、最も簡単に始めることができる薄毛対策です。

頭皮に優しく、且つ髪ハリツヤを与えてくれるのは『アミノ酸シャンプー

頭皮の皮脂を取りすぎず、洗浄力がマイルドという特徴があります。

髪を洗う時のポイント

  1. シャンプー時は、 指のはらでコリかたまった頭皮をほぐすように。
  2. すすぎは十分に。 すすぎ残した洗浄成分は頭皮を刺激する原因に。
  3. シャンプーは1日1回(洗いすぎは、頭皮の常在菌の減少を招く)。
  4. 頭皮は濡れたままにすると雑菌が繁殖…しっかりとタオルドライを!
シャンプーする女性
30代薄毛女性におすすめ-アミノ酸系シャンプー8種類30代女性の頭皮ダメージ、薄毛の原因の1つとして、洗浄力の強いシャンプーが挙げられます。皮脂は頭皮を乾燥から守る役割があるため、適度な皮脂の分泌は、頭皮や髪を健やかに保つためには不可欠です。健やかな頭皮環境を作るためにも、頭皮や髪と同じ弱酸性のアミノ酸シャンプーを活用する必要があるのです。...

紫外線から髪・頭皮を守る

長時間の外出では、 帽子をかぶり紫外線や大気汚染から頭皮を守ることが大切です。

特に、朝シャンが習慣とする女性は要注意。

朝シャンプーをすると、頭皮に皮脂が分泌されていない状態”野ざらし状態”であるため、紫外線をガードすることができません。

それでも朝シャンが欠かせないという場合は、『帽子』や『日傘』を活用して紫外線から頭皮を守る必要があります。

育毛ケアをはじめる

育毛剤を使う

シャンプーや食事を意識してもあまり薄毛や抜け毛の症状に変化がないという場合、育毛剤の使用もはじめてみましょう。

『育毛剤=男性』のイメージが強いですが、最近では女性用の育毛剤の種類も増えています。

単に育毛効果だけでなく、美容成分も配合されていることから、美髪を目指している薄毛ではない女性にもおすすめしたいくらいです。

女性用の育毛剤について特集記事を用意していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

育毛剤
30代薄毛女性のための育毛剤現代女性は、30代から頭皮トラブルに悩んでいます!女性も男性同様に働くようになったいま、ストレスで頭皮が硬くなったり、早くから抜け毛が増えるなど、頭皮トラブルに悩む女性が増えているんです。女性専用の育毛剤をまとめました!30代で薄毛はもったいない!薄毛を改善してオシャレを楽しみましょう。...

頭皮マッサージをする

頭皮の血流をよくするため、頭皮をマッサージしましょう。意識すると面倒に感じてしまいますので、シャンプーで髪を洗う時、次の3点をとりいれてみましょう!

  1. シャンプー前にブラッシングをする(毛先→髪の中間部から→頭頂部から、 の順でとかす)
  2. シャンプー前に「湯シャン」(シャワーのお湯を当て、指のはらで頭皮をマッサージ洗いするだけで、汚れの8割は落とせます)
  3. シャンプー液を手のひらで泡立てて、指のはらでコリかたまった頭皮をほぐすように、髪を洗う
湯シャン

食事の見直しで、バランスよく栄養を摂る

重要な栄養素

たんぱく質

毛髪の約95%は、18種類ものアミノ酸が結合してできている「ケラチン」というたんぱく質からできています。私たち日本人は草食人種なので、植物性のタンパク質(大豆、豆腐など)が体質的に適しているといわれています。

ビタミンA

正常な細胞分裂をうながし、頭皮を健康な状態に保ってくれます。ニンジン、カボチャ、ホウレンソウなどの緑黄色野菜やウナギなどに多く含まれており、より即効性を望むのなら牛乳やレバーに含まれる動物性のビタミンAがおすすめです!

ビタミンB6

イワシ、マグロ、サバなどの青魚に多く含まれていますが、おすすめはニンニク。ビタミンB6の含有量は100mgあたり1.5mgと食品のなかでもトップクラスです。

ビタミンE

毛細血管を広げて頭皮の血行を促進する働きがあり、過剰な脂質を体外に排泄してくれる役割もあります。多く含む食材はアーモンドなどのナッツ類、ゴマ、玄米やオリーブオイルです。

生活習慣を見直す

良質な睡眠をとる

先ほど、「22時~2時」が美のゴールデンタイムと書きましたが、より深い睡眠をとるためのコツを3つ紹介します。

これだけで、寝つきや寝起きに変化が現れます。

深い睡眠をとるコツ

  1. 寝る前にお風呂に入って、しっかり温まり、冷えやすい部分にはウエストウォーマーやレッグウォーマーを効果的に使う
  2. パジャマに着替えて、脳や身体に寝る合図を送る
  3. 寝る間にスマホやパソコンの画面は見ない

ストレスをためない

多くの女性が日々ストレスと隣り合わせで生活していますが、過度なストレスは薄毛の原因になります。

血管が収縮し、髪に十分な栄養が行き届かなくなるのです。

日常生活の中で、髪のためにもこまめにリフレッシュする時間をつくってあげてください。

たとえば、「たまには、おいしいランチを食べに行く」「休日は近くの公園や海まで散歩する」「寝る前に数分間「瞑想」する」など。

緊張状態が長く続かないように、自分をケアしましょう。

女性専門のAGAクリニックに受診する

セルフケアではどうにもならないという場合、AGAクリニックへの受診を考えはじめましょう。

初回相談は無料を掲げているクリニックが多くありますが、必ず『女性専門』のAGAクリニックかどうか調べてから行きましょう。

クリニックの医師が女性かどうかも判断の基準になってきます。

女性にとって「薄毛」の相談はとてもシビアで、「男性にはあまり相談したくない」という女性も多くいます。

「薄毛」はメンタルが原因の場合も多いですので、通うことがストレスにならないためにもクリニック選びは慎重に行ってくださいね。

薄毛治療
女性の薄毛対策にリアス銀座クリニック|AGA次世代医療発毛「薄毛対策」についてネット検索すると、さまざまな薄毛へのアプローチ方法がでてきますよね。 多くの人は、まず手軽にできるシャンプ...